昔々といってもそんなに昔ではないんだが


ある人に『くさい、あんたの汗くさい!』って

言われたんだよ。


ある人つーのは俺の家族なんだが

直に、正直に言いすぎじゃね。

ストレートパンチすぎじゃね。




しかたないだろって、仕事してきたんだからさ!


夏なんだしこの暑さだし

汗もかくわなぁぁぁぁぁぁ!みなさん!


という言い訳をしつつ、冷や汗もタラタラ。




で、その日の夜、お風呂で念入りに体を洗ったんだよ。

血が出るかってくらいにまではいかないまでもそれなりに!

いつもは手抜き・・・というのは内緒な(汗




でも、やっぱり次の日帰宅しても『汗臭い、におう!』って

言われちまって・・・。

しかも今回は






『ふつうの臭さじゃない、くさすぎ・・・。』







さすがに、『ふつうの臭さじゃないとは?????』

普通の臭さじゃないってどーゆことやねん?

どーゆことやねーーーーん?


どゆーことやーねん?


くさすぎって言い過ぎちゃうんかい(怒


『あんた、もしかして・・・。』





『わきがちゃう?そしておまけの加齢臭セット。』




わきがって、まさか・・・・。

おまけでお年頃の『加齢臭』付セットで!

ってどっかのバーガー屋か・・・



仕事の連中、まわりの連中は何も言わんかったのになぁぁぁ。



その日から仕事中も周りの目や言動が少し気になりはじめたんだな。





あまりにも気になりはじめたんである日、家に帰ってついに調べてみた。



もちろんgoogleさんで「加齢臭」と「わきが」というワードをな!



すると、思いがけない結果が俺を待っていた。



⇒第2話へ